2007年08月01日

生ゴミをどうにかしたい!!

最近の記事にも書きましたが、1歳の息子のおむつを
紙おむつから布おむつベースに切り換え、我が家の燃えるゴミの量も
大分減ってきました〜♪

確かにおむつ交換の頻度は高いし、洗濯の手間はかかりますが、
その代わりに、ゴミの量と重さがだいぶ減ったのがとても嬉しく、
がんばった甲斐がありました!!

しかーし、その後さらに私の中で新たなゴミの問題が浮上してきました!
その問題とは・・・
わが家では今までずっと生ゴミを燃えるゴミにだしてきました。
これは多分、多くの家庭ではごく当たり前のことですよね。
しかし、最近環境事情を知っていくうちに状況は変わってきました。

野菜の皮や果物から出る生ゴミ、50%くらいは水分で、それ以外のものも
土に還るのにもかかわらず、今現在も自分が燃えるゴミとして捨てている
ことはゴミ焼却の際に余計なエネルギー(石油などの化石燃料)を使い、
さらに水分たっぷりの生ゴミは焼却するのにさらに余計なエネルギーと
時間がかかり、多くのCO2を発生させてしまいます。
それを知っていながら、生ゴミを燃えるゴミに出すことに
罪悪感を感じてしまうのです。

夏は特にスイカやメロン、モモ、など、水分たっぷりのフルーツ
を食べるので、余計に水分の多いゴミになると同時に、
それによって臭いも出やすくなってイヤです。
せっかく美味しいフルーツを食べても、食べた後のゴミのことで
悩んでしまうのは、イヤですよね・・・。

だから今こそ、ここは行動を起こす時なんです!
エコ生活に本格的に取り組み始めた今、この問題をそのまま
放置するわけにはいきません。
そこで登場するのが「コンポスト」
私はこれまでも頭では知っていましたが、たいして
詳しく調べたことがなかったコンポストについて調べてみました。

コンポストとは、簡単にいうと食物から出た生ゴミを土に還し、
たい肥化することを言います。

コンポストにもいろいろな形態があり、中に土を入れて微生物で分解する
コンポスト容器から、今では電気でたい肥化する生ゴミ処理機も
電気屋さんで売られています。
自治体でもコンポストを奨励し、実践する世帯に補助金を
出しているところもあります。
(私の住む横須賀市も補助金がいくらか出ます。)

しかし私の目に止まったのは、コンポスト購入のお金や
電気のエネルギーもかけず(電気を使うので発電の際にCO2が
発生してしまいます。)しかも手入れも比較的簡単にできる
「ダンボールコンポスト」を紹介しているサイトを偶然見つけ、
私にぴったりなのはこれだ!!と思いました!

そのサイトはこちらです。→これでできるダンボールコンポスト

サイトにもあるように、ダンボールコンポストの利点は

・ダンボール、土、ヌカ、鶏糞など安くてどこにでも手に入る
 素材だけでできる。
・メンテナンスに時間と手間がかからない
・臭くない
・マンションでできる


お金をかけず、手間もかけず、臭くなく、マンションのベランダ
でもできて、なおかつ生ごみが減ることでCO2排出も減って、
たい肥までできるなんて、いいことばかりじゃないですか?!

さっそくわが家でもダンボールコンポスト実践してみたいと
思います!

ちなみに環境先進国ドイツでは自治体の集中コンポストがあり、
そこで生ゴミや植物ゴミはたい肥化されている
そうです。
う〜んさすがですね。
今の日本の現状ではそんな話は全く耳にしないし、
実現するとしてもだいぶ先の話になりそうですね・・・。
それなら自分でやった方がだんぜん早いです!

また実践の段階になったら、このブログで詳しい状況などを
お知らせしたいと思います♪
_____________________________________________________________
↓参考になった場合にクリックをお願いします。
リンク先には、面白いブログが多数あります♪

人気ブログランキングへ
FC2ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ロハスへ


posted by natular at 00:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロハス・環境
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック